監督:「難儀や難儀や…

宝箱が開かんようなってしもた!」

ミキ:「あれ?監督!!?」

——————

※宝箱を持った男性は、マコトが高校の時、所属していた野球部の監督である。

ミキは、野球部のマネージャーだった。

——————-

監督:「おお!ミキやないか!何しとんやっ!」

ミキ:「監督こそ、ここで何してるんですか?」

監督:「怪盗から、挑戦状っちゅうのが届いてな、大切なものが入ってるこの宝箱を狙われとるんや!

ほんで、中身を確認したいんやけど、鍵の番号変わってしもとんねぁ…

難儀してもうて、探偵さんに鍵開けてもらうように頼んで、

ここで待ち合わせしとるんやけども、

一向にけぇへんねや。

ミキ、なんか番号知っとらんか?」

ミキ:「え!?4桁の番号ってこれかしら?」